Hi-Ceramics

HOMEConcept > Millau Report

  • ビスケットとは
  • ファンゴ シリーズについて
  • モティーフ シリーズについて
  • ロジョレスについて
  • タイル工房を訪ねて
  • タイル工房を訪ねて
  • ご採用にあたってのご注意

TiNTA

 
フランス・ミヨーのタイル工房を訪ねて
 
190 年という長きにわたり、伝統を受け継ぎながら、
卓越した知識と技術をいかし、タイルづくりに向き合う職人たちに会いに、フランス南部にあるのどかな街、ミヨーを訪れました。
 

 
歴史ある町で生まれた、タイムレスな魅力を持つタイル
 
 日本から飛行機を乗り継ぎ、パリを経由してモンペリエへ。ここから100 km ほど北上し、 1000m を超える奇岩が屹立する山間を抜けると、標高340 m ほどの谷間にある街、ミヨーにたどり着きます。

   ミヨーが属するのはフランス南部、ミディ・ピレネ地方に位置する大自然に囲まれたアヴェロン県。 同県には、世界遺産に登録されているコンクや、1000年以上前につくられた城塞が残るベルカステルなど、中世の町並みがそのまま残る街が数多くあります。 赤い屋根を擁する建物が連なるミヨーもまた、その風情を感じさせる街のひとつ。 タルン川沿いを1時間ほど歩けばのどかな住宅街が広がり、牛や馬が放牧され、どこかノスタルジー漂う風景に出合うことができます。

 また、タルン川渓谷に架かるミヨー橋は、イギリス人建築家、ノーマン・フォスターと フランス人橋梁技術者、ミシェル・ヴィルロジューが設計した、ヨーロッパ一高い橋として知られています。 このエリアは霧が発生しやすく、雲海の中にミヨー橋の美しい造形が浮かび上がることから 「天国に最も近い橋」と称され、2004年の完成以来、世界中から多くの人々が訪れています。 橋のコンテンポラリーな造形と歴史ある町並みのコントラストは、時に神秘的とさえ感じられるでしょう。
 
 
 

 
「Raujolles 」を手がける工房は、この地に創業して約190 年。 現在、5代目となるオーナーをはじめ、7名の職人がここで受け継がれてきた昔ながらの製法にこだわり、日々タイルづくりに向き合っています。 彼らは、テラコッタの無釉タイルをベースとした施釉タイルやデザインタイル、ブリックレンガ、ルーフタイル、洗面ボウルを手がけるほか、 長く培ってきたタイルづくりのノウハウをいかし、国内外の美術館や教会といった歴史的建造物の修復にも数多く携わっています。 彼らのものづくりが目指すのは、そうした普遍的な価値を持つ空間同様、時が経っても決して色褪せることのない美しさ。 190年以上にわたり、蓄積してきたタイルづくりの技術と知識、そして感性こそが、彼らの遺産であり文化といえるでしょう。 土や釉薬といった原材料、手間を惜しまない伝統製法、そしてそれを家族で受け継いでいくこと。 そうした彼らの徹底したこだわりが、魅力あるプロダクトをつくり出しているのです。
 
 
 
 

Copyright © HIRATA TILE CO.,LTD. All rights reserved.